ニキビができる仕組み

ニキビがひどいため、化粧ノリが悪い、隠し切れない。誰しもが一度は悩んだ経験があるかと思います。隠すために厚化粧になってしまい、それが原因で悪化させてしまうという事もよくあります。ニキビの原因は皮脂の多さにあると考えてしまいがちですが、ニキビができる本当の原因をご存知でしょうか。ニキビの悩みから解放されるために、ニキビができる仕組みとその要因をしっかり理解していきましょう。
ニキビができるのはアクネ菌という菌が増殖してしまうことにあります。アクネ菌は肌に常在している菌で、それ自体が悪いものであるというわけではありません。「菌」というと汚いもののように聞こえますが、肌を守る働きをしているものも多く、すべて洗い流してしまうと肌トラブルにつながりかねません。大切なのはバランスを保つことです。
アクネ菌が増殖してしまうのは、毛穴に皮脂がたまることが原因です。しかし、これは皮脂の多さに由来するものではありません。皮膚表面の角質が固くなってしまい毛穴がふさがれてしまうのが原因です。ふさがってしまったために皮脂の逃げ場がなく溜まってしまったところでアクネ菌が増殖します。菌のバランスが崩れたことで炎症が起きてしまった状態がニキビです。乾燥肌の方であっても、角質がかたくなり毛穴がふさがれば、そこでアクネ菌がふえるためニキビは発生してしまいます。
ニキビの根本的な原因は、ホルモンバランスの乱れにあります。代表的なところでは睡眠不足や乱れた食生活などの生活習慣、ストレスが挙げられます。ニキビはもちろんのこと、ホルモンバランスの乱れは免疫力や肌のターンオーバーにも影響が出るため、他の肌トラブルにもつながります。
つまり、一言でニキビと言ってしまっても、人によって原因は様々であり、皮脂対策に力を入れていても改善できないという事も少なくありません。洗顔や化粧水などのケアだけで対処できない頑固なニキビに悩まされている方は、皮膚科医など専門家に一度相談してみることで早期解決の糸口になります。

大人になっても治らないニキビ

最近では「大人ニキビ」という言葉もよく聞くようになりました。思春期はホルモンバランスが変化する時期なのでニキビもできやすいですが、一過性のもので10代をすぎると落ち着くことが多いです。しかし、20代以降でもこの「大人ニキビ」で困っている方も多いようですが、この2つのニキビには大きな違いが2点あります。
まずは、思春期のニキビはおでこや鼻の周りなどのTゾーンに発生しやすいのに対し、大人ニキビは顎周りにできます。この顎周りのニキビのほうが治りにくく、跡も残りがちです。
もう一つは、大人ニキビは生活習慣による悪化が多くみられます。生活習慣の中でも、特に睡眠環境による影響が多いとされています。
大人ニキビは、ささいな生活習慣ひとつひとつが要因になっているため、可能な限り肌への負担となる習慣をなくすことが重要になってきます。

手遅れになる前に…先手必勝のケア

気が付くと急に増えているように感じることも多いニキビですが、肌ではどのような変化が起きているのでしょうか。
先ほど、発生の原因はアクネ菌の増殖による炎症、と述べましたが、炎症が始まった時点では実はまだニキビとして目に見える状態ではありません。もともとは毛穴がふさがってしまった内部で起きている炎症なので目立たないのです。悪化するにつれて、表面まで炎症が広がり、目立つニキビになります。
表面まで出て来てしまったニキビは悪化してしまった証なので、そこから対策しようとしてもなかなか治りません。大切なのは、肌の内部でとどまっているうちに、どれだけケアできるかです。