しわとたるみ…老けてみえるこれらの原因とは

老けて見えてしまう顔のたるみとしわ…この2つ、実は原因は同じです。肌は0.2㎜ほどの表皮、2~3㎜ほどの真皮、血管などを含む皮下組織から構成されています。この中の真皮は70%がコラーゲンからできています。このコラーゲン自体の変化や、コラーゲンの繊維同士をつなぎ留める働きをするエラスチンという成分が減少することによって、肌の弾力性が失われて肌がたるんでしまいます。
原因が同じなので、しわのケア方法はそのままたるみ対策にも有効です。現れ方が異なるのは顔のつくり、場所によるものです。
初期症状として挙げられるのが毛穴のたるみです。コラーゲンが毛穴周辺にもたっぷりとあった若いうちは、その弾力によって毛穴が閉まっています。加齢に伴いコラーゲンが減少すると重力にまけて毛穴が開きがちになってしまいます。また、目の周りは皮膚が薄いためたるみが目立ちやすい場所になります。涙袋がたるんでしまうと一気に老けて見えることも…。
二重あごやほうれい線も実はたるみが原因となっています。顔周りや頬は厚い脂肪がついているため、皮膚の弾力が衰えると支えきれなくなってしまいます。特に太っていなくても真皮の状態が悪化することで支える力が衰えていきます。
皮膚の表層部ではなく真皮に原因があるため、肌の表面に働きかける化粧品だけでは十分な効果が見込めません。真皮に働きかけるヒアルロン酸注射などが必要になってきます。

しわ予防ケアはたるみにも効果あり

しわやたるみはできてしまった後になかったことにするのはとても困難です。若いうちから早めのケアで予防することが重要になります。
しわの改善や毛穴のたるみへの効果をうたった化粧品は種類も豊富で様々なものが販売されています。これらは基本的にコラーゲンを増やす成分が配合されています。ビタミンCやレチノールがコラーゲンを増やす効果があるとされているので、成分をチェックしましょう。一つだけでもこのような化粧品をケアに加えるとたるみにもしわにも対応できます。
また、紫外線はコラーゲンを分解、つまり破壊してしまうため対策を怠るとたるみの原因になってしまいます。

内部から肌を健康に保つためにはマッサージを

老化を防ぐための化粧品も大事ですが、他にも真皮を若く保つ方法があります。真皮のさらに奥にある皮下細胞に含まれる脂肪細胞が成長してしまうと血管が圧迫され血行の悪化につながります。これによりむくみが生じさらに脂肪細胞が成長してしまうという悪循環が生じます。このむくみが真皮の力を弱めてしまいます。弱った真皮と厚くついてしまった脂肪がしわやたるみを引き起こす原因になります。ここで効果的なのがマッサージです。リンパの流れを促してむくみをとることができます。血行が良くなることにより内部から肌に栄養を届ける手助けになりたるみの予防が期待できます。